・プロフィール(名前、卒業年、職種)
森山智大、2018年卒、化学メーカー

Q1. どのようなプレーヤーでしたか?
ポジションはボランチとトップ下で最終学年では主将を務めた。

Q2. 4年間上智サッカー部にいて成長したことは何でしたか?また、それをどのようにして社会で役立てていきたいですか?
自ら発信する力。学生主体の組織で、様々な問題に直面していくと、それを乗り越えるために、自ら発信しないといけない場面がたくさんある。自分と向き合い、伝えたいことを整理し、他人に伝え、他人の意見をしっかりとくみ取ることまでが発信なのだと学んだ。
社会人生活でも会社という組織で発信する力を発揮していきたい。

Q3. 大学時代にやっておけばよかったと思うことは何ですか?
忙しい中でも自分の習慣を作ること。朝に新聞を読む、寝る前の30分は勉強するなど。習慣にしてしまえば、それは一生の財産になると感じている。

Q4. 現役の人たちに向けてメッセージをお願いします。
引退してしまうと、まだまだ部活でプレーできる現役のみんながとても羨ましく感じてしまいます。今しかできないことに全力で取り組んで、やりきったといえる大学サッカーにしてください。OBという立場から1部での活躍を応援しています!