上智大学体育会サッカー部
副主将 岩田典

先日、主将の伊藤佑太、副主将の藤井龍、同じく副主将の岩田典の3名が、上智大学学長の曄道佳明様に、東京都大学サッカーリーグ2部優勝並びに1部昇格と東北ボランティア活動のご報告を直接させていただきました。貴重な機会を設けていただき、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。その中で「上智大学の価値観」というお話がありました。これについて僕なりの解釈で感じたことを書かせていただきます。

 

 

 

学長が「上智大学の価値観」というお話をされたのは、「スポーツ推薦は必要か」、という質問に対して、僕たちが「はい」、と答えた後でした。

 

 

学長は仰います。「僕はそう思わない、この環境で工夫して質を高めることが素晴らしいし、そうして勝ち取った1部昇格だからこそみんな喜んでいるのだ。」と。

 

 

 

全国から上手な選手を採ってきてチームを強くすることは可能だけれども、そうではない美学、価値観、それが上智の良さなんじゃないか。そんなお話でした。

 

 

 

 

 

正直、飛びつきました。

 

 

え、スポーツ推薦作ってくれるかも??

 

 

この機を逃すわけにはいかない…。

 

 

 

 

チームを代表してその場にいる責任があります。チームを強くしたい。僕らの答えは体育会組織の幹部として当然の反応だったと思います。

 

 

しかし、心の中に、この先勝ち抜くにはスポーツ推薦が不可欠だ、とか。これ以上のステージを目指すならば選手を呼ばないとやっていけない。そんな考えがあったのもまた事実。そしてそれは私たちが理想とするべき考えでしょうか。

 

 

理念『be for soccer』を掲げ、体育会日本一を目指して1年。成し遂げたのはあくまで東京都2部優勝です。もちろん、昨年度は大変満足のいくシーズンとなりました。OBの方々、学校関係者の皆様をはじめ、お会いする方々に祝福のお声をたくさんいただいたり、今回このような素晴らしい機会を経験させていただいたりと、サッカー部の活動を評価していただきうれしく思っています。

 

 

 

しかし、関東リーグの壁は高く、厚く、剛い。

 

 

 

まだまだ強くならないといけないし、先は長いです。改善点は山積みで、可能性は無限です。ここからチームはどんどん価値を増し、強くなっていかないといけません。

 

その過程で、この活動に、この考え方に共感してくれる、ここで一緒に日本一を目指そうと思ってくれる選手が主体的に集まっていくことが、僕らの目指す体育会日本一の意味で、サッカーの価値を高める、という目的に近づく道なのではないか、と、僕は思います。

 

 

 

 

 

道半ば

 

 

 

スタートライン

 

 

 

どう表すのが適切なのでしょうか。

 

 

 

 

 

ゴールまでの距離はわからないけれど、何年かかるか分からないけれど、今歩む一歩が、目指したところに確かにつながる道でなくてはならないと、強く感じたのでした。

 

 

 

そして、上智大学の価値観、サッカー部の価値観をもっと大事にチームを作っていかなければならない。そう感じました。