[在部当時のこと]

入学後、体育会サッカー部の勧誘のブースで東京都1部リーグに所属しているのを聞き、「結構強いんだな」と思ったのを覚えています。

当時も関東リーグは2部制で、関東2部にも高校選手権に出場した選手が数多く入部していました。

スポーツ推薦がなく、又入試も簡単ではない上智大学サッカー部がその下の東京都1部リーグに所属しているというのは当時の先輩方には失礼でしたが意外でした。またその年は、慶応大学も東京都1部に所属しており、慶応の2年生には高校時代にインターハイで優勝した清水東の反町選手(北京オリンピック代表監督・現松本山雅FC監督)が在籍していました。そんなチームと戦うのかと思うと、高校時代は全国大会など夢のまた夢であった私にとって挑戦したいステージでした。しかし理工学部だった為、授業との両立で体育会は難しいと思い、結局サッカーサークルに入りました。サークルにも上手な選手は多かったのですが、真剣勝負の緊張感は少なく、サッカーを真剣にできるのは大学が最後だと思い、サッカー部に入り直しました。

4年間、目標だったレギュラーにはなれませんでしたし、ほとんどサッカーと授業で終わった4年間でしたが、サッカー部の仲間にも恵まれ充実した学生生活を送る事ができました。私の代は幸いにも4年間東京都1部リーグに在籍する事が出来ましたが、4年の時は下との入れ替え戦となり、最後の最後までハラハラした4年間でした。当時の東京都1部リーグは8チームで、年度によって入れ替わりはあるものの、慶応大学、専修大学、拓殖大学、立正大学等、明らかに格上のチームが半数を占め、リーグ戦期間中は一喜一憂しつつも、常に重苦しい雰囲気が漂っていた事を思い出します。卒業してから、戦力に恵まれなかった我々が何故東京都1部リーグにい続けられたのか考えた時があります。自分の答えは、なんとしてでも自分の代では降格させたくないという気持ちそして勝負へのひたむきさが球際などに現れていたのではないかというものでした。

 

[現役に望むところ]

 学業との両立、グランドの使用環境が恵まれない等、いろいろな制約があるなかでよく東京都1部まで返り咲いたと思います。OBとして後輩がより上位のリーグに所属している事は誇らしいものですが、どんなレベルであれ、限りある貴重な時間をサッカーと真剣に向き合い、そこで喜怒哀楽を味わう事がこれからの人生を豊かにするのだと思います。サッカーにおいて恵まれた環境では無い上智大学サッカー部を選択したのは他ならぬ自分自身のはずですから、自分の為に4年間サッカーに向き合って欲しいと思います。