まずは、2017年度東京都2部リーグ優勝並びに1部リーグへの昇格おめでとうございます。上智大学サッカー部は、私が2年生時まで1部リーグに所属していましたが、3年時に2部に降格しました。今回それ以来の1部復帰ということで、非常に嬉しく思っています。

[在部当時のこと]

私が現役時代、当時の鶴岡監督からは、上智大学はかつて関東リーグに所属しており、上智のサッカー、サッカーの上智と言われていた、関東リーグに上がることが目標だと何度も言われました。しかしながら、関東リーグに上がるどころか、結局1部復帰すらできず終いでした。

[現役に望むところ]

サッカーの知識やスキルが私よりもはるかに上の現役の皆さんに対して、私がサッカーについて何か説くつもりはありません。私がお伝えできるとすれば「積み重ね」です。誰でも知っている言葉でが、この言葉の非常に大きな意味を皆さんは意識していないかもしれません。

過去、他校が昇格していく中、なぜ上智が昇格できなかったのか。我々は日々一生懸命練習していましたが、技術・体力・戦術・マインドのいずれかにおいて、残念ながら正しい積み重ねを行っていなかったということだと思います。積み重ねは、結果が出るまで正しい積み重ねを行っていたかわからないという点がポイントだと思います。常にそれが正しいのか考え続けなければなりません。

上智を東京都1部リーグに復帰させた皆さんは、正しい方向性の積み重ねを行ってきたと信じています。しかし、関東リーグに上がる為には、あらゆる面で更に上質の積み重ねが必要になってくることでしょう。これまでは正しかったかもしれませが、それが今後においても正しくあり続けるとは限りません。

積み重ねは、チームとしてもそうですが、各自がリーグ戦に出るか否かという点にも当然当てはまります。今、現役の中でリーグ戦に出ているメンバーは部員の半数もいないのではないでしょうか。体育会サッカー部に入部したからには、一人一人が大学代表としてリーグ戦出場を目指して欲しいと思います。試合に出られていない人は、自分に何が足りないか、日々考えながら練習に励んでください。積み重ねるべきものは人によって異なりますので、自分に何が必要か、これは自分で考えるしかありません。一方、試合に出ている人は、継続して大学代表として試合に出続け、更にはリーグ戦で勝ち続ける為に何を積み重ねるべきか考える必要があります。

皆さんにはあらゆる可能性があります。その可能性を活かすのも潰すのも自分の心の在り方次第です。同じことをやってもその姿勢で積み重ねの質が変わります。各自、そしてチームとして積み重ねを行った結果、いつか上智大学が関東リーグに上がることを切に願っています。