こんにちは、法学部法律学科の山内遥平です。

最後のブログという事なので、今までの4年間を振り返って見たいと思います。

まず1年生、公式戦に出るという目標を持って入部したのですが、総理大臣杯の桜美林戦の試合でスタメンの人のプレーを見て圧倒的強さや上手さを感じ、とんでもない所に来てしまったと思いました。
その分全国を経験してる先輩方などから学べる事は多く、怒られる事は多かったものの、とても楽しく充実した1年間でした。

2年生は人数が少なかったからなんですけど新人戦の時ベンチに入れた事は嬉しかったです。ベンチに入れるなんて高校の時は叶わなかったので特に嬉しい出来事でした。
そういえば腕を骨折して痛がってたのに「早く立て」と怒られたのも2年の時です笑

3年生は上手くいかない事が多く、結構辞めたいなって思う時期はありました。上手くいかない事が多い分、一番自分の中では4年間で1番多くの事を吸収できましたし、先輩にノートを交換してもらいながらサッカーの事を教えてもらったりなどと1年生時以上にサッカーを学べたと思っています。

そして4年生。足首だったり、膝だったりと怪我を繰り返し、8月頃まで2試合しか試合出てないって感じでした。完全に自分の努力不足でした。4年にもなるとサッカーだけ考えればいいわけではなくなり、それもそれで大変な事は多かったです。
やっと8月に復帰した頃には1年生の時に思っていた目標からどんどん遠ざかっているのを実感してきています。

ここまでやってきて、リーグ戦出るっていう目標のために、いろんな試合を見たり、柔軟だったり、体の使い方とかを研究したりして真面目に取り組んだとは思います。オフの日とかも今日は誰も動いてないだろーと思いながら動いてみたりしたんですけど、差は全く埋められませんでした。
そうなるとなんかサッカー楽しくないなって思ってきちゃって辞めようかなって途中何度も思いました。

でもよく考えてみたら上手くいかない、結果が出ないから楽しくないなんてそりゃそうで、上手くなってる人はそういう時期を我慢してる訳で、しかも部活でサッカーやってるんだったら真面目にやるなんて当たり前の事です。

要はただの努力と実力不足です。

それでも結果に結び付いた事も何個かあります。
対面パスの重要性をこの部活に入って、大いに感じました。置く場所、球の回転、強さ、これらを教えてもらって意識して4年間続けて上達したと感じてます。昔の試合のビデオと比べても改善されたなーって思います。

あと体重です。半ば強制的ではあったものの色んな方法を試して高校の時よりも10キロ程増えた事は結果が出たと言っていいかなと。2年の時ノートに書いた目標を見返すとそれをクリアしてたので、嬉しいですね。

こう振り返ると上手くいかなかった事が多いですが、結果が出た物もあり、サッカーをやっていて大学サッカーが一番充実してたかなと思いますし、4年間続けてきて良かったと思います。

 

リーグ戦へのチャンスは後3試合しかありませんが、カテゴリーが一番下であっても4本目であっても諦めず、リーグ戦への出場を目指し続けるべきだと思います。
後はやっぱりみんなも言っていますが、笑顔で引退できるよう全員で残留を掴み取りたいと思います。

明日の國學院戦絶対に勝ちましょう。

 

長く拙い文章でしたが最後まで読んで頂きありがとうございました。
次は一緒にリハビリ期間を過ごした乃木坂大好きの伊藤瑛次です!