梨本くんから紹介されたました、学業に対して比較的に、“少しだけ“意識の高い1年生の清水謙太です。

前回、私のこれまでのサッカー史については語ったので今回は今シーズンの抱負とそれを叶えるためのプロセスについて話したいと思います。

今年のチーム目標は関東2部参入戦への出場です。正直言ってまだ私たちのサッカーは、まだそのレベルにはないし、これからさらに精進していかなければならないことは理解しているつもりです。1部リーグにチャレンジャーとして臨む今年は、おそらく苦戦することが予想されます。よってこの目標を達成するために、個人目標を2つ作りました。
1つ目は、リーグ戦のベンチ入りです。本来ならスタメンで試合に出る!というようなことを書くべきかもしれませんが、慎重な性格の私にそれは向いていないので、現実的に書かせていただきます。昨シーズンは全くリーグ戦に絡むことができず、常にIリーグ止まりという非常に悔しい一年でした。リーグ戦では応援orサポート役しかできず、不甲斐ないシーズンでした。またIリーグでは負けを繰り返し、結果的に最下位となって、全く結果を示すことができず、非常に責任を感じています。ここで決めていたら、、、というチャンスを幾度なく逃しました。よってメンバー入りを目指す中で、私の1つの明確な努力目標は、チームを勝たせる選手になるということです。シュートが下手くそな私は、1つ1つの練習に特に真摯に向かい合う必要があります。力を入れすぎず、落ち着いて枠内に飛ばす。そんな如何にも簡単に聞こえるような作業は、私にとって非常に難しいものです。しかし、これができるようになれば、フィニッシャーとしてラスト数分で試合を決定づけることができ、チームとして必要な存在になれるかもしれません。
2つ目は、サッカー部の価値を高めることです。これが必要と感じたのは、試合における応援が非常に重要なものであるからです。サッカー部に対しての印象が良くなったり、他の部活との交流が多くなれば、お互いの部活動を活性化することができます。なにより、たくさんの応援があれば、ホームにいるかのように試合をすることができます。私は今、体育会常任委員会という体育会連合の代表としてのお仕事をさせて頂いているのですが、そこにはたくさんの部活動の方々がいます。ここでの交流や仕事がきっとサッカー部にこれから還元されることを期待して、私は日々真摯に向き合っているつもりです。

来月から試合合宿が行われます。上のチームの合宿に参加できるように、日々しっかりと努力し、結果にこだわっていきたいと考えています。今シーズンは以上のような目標を通して、努力を怠らない1年にしたいと感じています。最後まで読んで頂きありがとうございました。

次は、兄弟と似すぎてむしろどちらが本人か全くわからない、ぎんぺーこと3年生の有坂銀平くんです。