看護学科新3年の関谷若菜です。
今回のテーマはサッカーに対する想いということで話をさせていただきます。

正直、マネージャーだからサッカーに対してそんな想いはないでしょう、と思った人もいるかもしれません。たしかにサッカーに出会ったのはたまたまです。しかしサッカーはわたしの人生を変えてくれたかけがえのないものだと思っています。

わたしのサッカーとの出会いは高校2年の春でした。それまで夢中になれることはありませんでした。しかしマネージャーという立場を通して、サッカーに打ち込むことが出来ました。サッカーが大好きで毎日真剣にサッカーに打ち込むみんなが大好きで、みんなのためになりたい!と思い、毎日部活に励みました。たくさん悩んで、たくさん泣いたこともありましたが、大好きなみんながサッカーしてる姿をみると、何度も何度も頑張ろうって思えることができました。決して強くはない部活でしたが、高2の時にはリーグ昇格、高3の時には目標としていた都大会出場を果たしました。そのとき、わたしは自分では見られない景色を見ました。彼らと一緒じゃなきゃ、こんな素晴らしいものは見られなかったし、わたし1人じゃ、こんなに夢中になれることに出会えなかったと思います。

 

大学に入学し、わたしにとってそんなかけがえのない経験をさせてくれたサッカー部に入らないという選択肢ははじめっからなかったと思います。
大学の部活に入ってからは正直、高校のときと違い楽しい思い出ばっかりではないです。部活だけをしていればいいわけでもなく、アルバイトもしなくてはいけないし、勉強もしなくてはなりません。本当に自分はこのチームのために何かをできているのかと、感じることは多々あります。また、わたしがチームの為に、と思い行動したことでもそれが裏目に出てしまうこともあります。

しかし、大学のサッカー部に入部して得たことは沢山あります。主に2つ話したいと思います。1つ目は大学に入ってからも何かに対して夢中になることの大切さです。いわゆる飲みサーに入って遊んで、旅行もたくさん行って、合宿の前金に追われることなくアルバイトして稼いだお金を自分のために使えるという生活に正直羨ましいなと思うこともあります。しかしこの部活に入って去年成し遂げた二部優勝一部昇格ということはそういう気持ちも吹き飛ばしてくれるほどの思い出です。大学生活折り返し地点に立ちましたが、大学入ってから一番の思い出は二部優勝した瞬間と胸を張って言えます。人それぞれの大学生活ですが、胸を張って一番の思い出を言える人はどれくらいいるでしょうか。それを言えるということは大きな財産だと思います。高校の時からわたしを夢中にしてくれてる大好きなサッカーを通してそれを得ることができたと思っています。
2つ目として人として尊敬できる同期や先輩方に出会えたことです。毎日毎日会っている部員には正直うんざりすることも腹が立つこともたくさんあります。しかし、上智大学のサッカー部という組織に所属し、サッカーをするだけではなく部活の運営という面に関して取り組む先輩、同期、後輩を尊敬しています。そしてわがままなわたしの意見もしっかりと聞いてくれ、気にかけてくれる先輩たちには頭が上がりません。尊敬できる人たちと出会えたことに誇りを感じます。そして自分が目指すべき指針だと感じています。

マネージャーとして入部を考えてる人は一度考えてみてください。一生ものの出会いと、最後の学生生活、みんなと一緒にサッカーに没頭してみませんか?
上智大学のサッカー部としてみなさんのことをお待ちしております!!

次はアメリカ留学から帰ってきたイケメンの先輩、西本拓未さんです