愛されキャラの中村くんから紹介を受けました4年の関谷若菜です!

早いものでわたしももう4年生です。

最後のシーズンに突入しました。わたしが1年生の頃の先輩方はもう若菜が最上学年なの?と驚くと思います。今日は最後のシーズンに突入し今思うことについて話そうと思います。

先日、関西学院大学の四冠を達成した時のキャプテンである井筒さんに、チームビルディングについてお話していただく機会がありました。

井筒さんは勝利をつかむ際に大切な勝者のメンタリティーを教えてくださいました。

勝者のメンタリティーを持つためには負けられない理由がいくつあるかが必要だということをききました。

勝ちたい理由ではなく、負けられない理由です。

それは何でかというと

例えば、、

・テストで良い点をとったらお小遣いを貰える

・テストで悪い点をとるとあらかじめもらっていたお小遣いを没収される

どっちのほうが努力をするかというと、後者の方が努力をするみたいです。

だから勝ちたい理由ではなく、負けられない理由が必要だということをききました。

わたしの負けられない理由って何だろう。

チームの一員ということで、わたしの負けられない理由もあります。わたしにとってこの組織が大切な存在です。普段は言わないけど、本気でぶつかり合える、チームのことを考えている部員たちが今まで築きあげ、そして作っていくこのチームが4年間を通じてかけがえのない大切なものにわたしの中でなっているからです。

だからこそ、このチームで私たちが努力してきたことを目に見える形で残したいです。

私たちがいくら胸を張って学生主体で頑張ってます!と言っても結果を出さなければその頑張りを認めてくれるのは身内だけだと思います。

周りに強豪校の体育会の友達が何人かいるのですが、「上智ってそんな強くないんでしょ?」とか「なんでプロにもなれないのにそんな真面目にやってんの」とかマネージャーのわたしが聞いても腹立たしい言葉を投げかけられたことがたくさんあります。

いやいやいやいや、

うちは学生主体でみんなが主体的に頑張ってる組織だから。グラウンドもないし、コーチもいないけど、みんなめちゃめちゃ楽しんで本気でサッカーしてるから。その辺の強豪校の部活に負けないくらい良い組織だから。

とわたしは思ってたのですが

結局、結果を残せなけばその人達は認めてくれません。

結果を残せば世間に認められます。それは2年の時に東京都2部リーグを優勝した時に感じました。今まで注目もされてなかった自分の部活がこんなに大学に表彰されるなんて!と。

自分達の組織を誇りに感じ、大好きだからこそ再び結果を出して認められたいと思ってます。

前回より大きく超える結果を出したいです。

結果を残すためにわたしはピッチに立つことは出来ません。しかしピッチに立つ選手の環境をより良い状態にし、より良いパフォーマンスを発揮するために全力を尽くすことが出来ます。

わたしのひとつひとつの行動が小さな力となって選手がピッチで全力を尽くすための1つの材料になればと思います。

また選手達にはわたしの気持ちも背負って欲しいと思ってます。君らの負けられない理由の1つになりたいです。「若菜が頑張ってくれてるから負けられない」って思うような背中を見せていければと思ってます。

一人一人負けられない理由はあると思います。その1つ1つを大切にし一戦一戦を戦っていきたいです。

もちろんみんな今季リーグ絶対負けられないですよね?

絶対に勝って勝って勝ちまくって結果を残しましょう!そして関東に絶対にみんなで行きましょう!

次はその声を聞いた1年生はいるのか?!2年生の物静かな根崎君です!