こんにちは。
総合人間科学部看護学科4年マネージャーの横川紗恵子です。
先日引退し、4年間のマネージャー生活が終わりました。
4年間、非常に山あり谷ありで、嬉しいこと、楽しいこともありながら、正直やめたいと思うこともたくさんありました。
自分なりに振り返ってみたいと思います。長く拙い文章ですが、ご一読頂けると幸いです。

私は今、やめる勇気が無かった自分に感謝しています。
続けたからこそ見つけられたものが沢山あるからです。

まず、学業との両立が大変で、自分はこの部活に何が還元できるのだろうと感じていました。部活の参加日数もキャンパスや授業、実習の関係で他の部員よりも少なく、中途半端になるくらいならいっそのことやめてしまおうと思いました。
部員達に心無い言葉をかけられることもあります。(もちろん、私も部員達に向かって投げかけて反省した言葉もあります。)
私はメンタルが強い方ではないので、冗談の延長だとしても、『なんでこんなこと言ってくる人達のためにマネージャーやらなきゃいけないんだろう』と何度も思いました。
自分の存在価値が分からなくなることも多々ありました。

そんなことを思いながら部活に行くと、部員達のことで頭がいっぱいで、試合や練習は怪我しませんようにと祈り、何かアクシデントがあれば咄嗟に走っていました。復帰の選手がいればとても嬉しい気持ちになりました。怪我してサッカーができない選手には1日も早く復帰して欲しいという思いで、コミュニケーションをとり、おこがましいかもしれませんが悔しい気持ちを一緒に背負い、まずは復帰までサッカーに対するモチベーションを保つ手伝いができればと思っていました。

そう思わせてくれるのは、上智大学体育会サッカー部の選手たちだからこそだと感じています。
そんな彼らに出会わせてくれた部員全員の家族には頭が上がりません。
週に1度の公式戦で部員のお母様方とおはなしして、『いつもありがとうね』という一言が私にとっては心に染みる一言でした。
毎週毎週部員たちの様子をお母様方(もちろんお父様方ともです)と共有することも、私なりに考えた、上智大学体育会サッカー部のマネージャーの役割なのではないかと思います。

部員たちだけではなく、そのご家族との関わりも、私にとってはとても大きな財産です。皆様にこの場をお借りして心より感謝申し上げます。

これから部を担っていく後輩たちへ
冒頭にも書きましたが、続けたからこそ見えるものは必ずあると思います。
人それぞれ、見えるものは違うと思いますが、一人一人の財産を大切にして欲しいです。サッカーをしている選手、サッカーに向き合っている選手たちは、本当に輝いていて、格好いいです。その姿でマネージャーは頑張ることができます。

そして、人の痛みがわかる人間になって欲しいです。上智のサッカー部は、部員同士でぶつかり合うことが沢山あると思います。言い方ひとつで相手を傷つけてしまったり、やる気をなくさせてしまったりします。伝える時には相手のことを思いやることを忘れないで欲しいなと願っています。

最後になりますが、これまで関わってくださった皆様、本当にありがとうございました。
またどこかでお会いできることを楽しみにしています。

ここまでお読み頂きありがとうございました!

次回は、趣味は筋トレと愛犬をインスタにあげること。
怪我に悩まされながらも、最後にはリーグ戦スタメンとしてチームに貢献した西本拓未です。