こんにちは。

経済学部経済学科4年の中田璃久です。

 

引退から早一ヶ月。

何かを考える時間もないくらい忙しかった日々から一転して、これからのことやこれまでのことを考える時間が増えてきました。引退してからというもの、大学生活87.5%をほとんど部活がある大体同じ様な生活をしてきたので、今の生活はなかなか慣れていません。

サッカー部から離れて、どこで、なにをしていても不思議とサッカー部を思い出してしまいます。

夜、空を見上げればある同期を思い出すし、

夕食のグラタンを見ればある後輩と先輩を思い出し、、、

どこに行ってもちょっとした事でサッカー部を思い出し忘れる事がありません。

様々なサッカー部の記憶を思い出す度にクスッと笑ってしまいます。

思い出したしたくないことは個人の成績くらいです。

最後の1年間は、自分にとって本当に情けない年と振り返りそう思います。

「なんでスパイク履いてんの?」

と公式戦前に可愛い後輩や同期は度々いじってきました。

同期でメンバー決めてるんだから同期だけはいじってくるのは違うだろ、と毎回思いながらも笑い過ごしていましたが、実は本当に情けなく思っていました。

ベンチに入ってもリーグ戦に出場することもなければ、

応援部隊に入って応援することもない。

上のチームの練習にも(対人以外は)うまく入れずにいたと感じます。

最後の1年間は考えさせられ、引退となりました。

 

私は高校の時、陸上部の立ち上げに失敗してサッカー部に渋々入部しました。

卒業するときには、自分の努力が日本の高校サッカーを経験してきた奴らに通用するのかと燃えていましたが、大学入学した1年目の初めは下のチームで練習試合もまともに出場していなかった気がします。そこから山内と真田堀で秘密の特訓をやったり、海外の試合を見る様になったり、先輩によく相談に乗ってもらう様にしたり、貪欲に上手くなるためにあらゆることをしてきましたが、結局1年生の頃からの目標は叶うことはありませんでした。

ただ、後悔はないです。できることを全て4年間で表現しやり尽くしたと自信を持って言えます。

ただ、私が実現できなかった、終わり。では嫌なので、叶わなかった目標は今のBチームや、今リーグ戦に出ていないメンバーに託します。

簡単なことではないからこそ全力でサッカーに向き合って欲しい。ずっと陰ながら応援しています。頑張れ。

私の目標を叶えてもらうとして、

ようやく次の目標に向けて準備し始めようかな。

 

最後になりますが、サッカー部に関わってくださった皆様、4年間本当にありがとうございました。これからも上智大学サッカー部をよろしくお願い致します。

 

次回のブログは、

唯一の京成線ユーザー仲間。僕の大切なワニと数々の相手のゴールを奪い、

1部残留に導いた上智大学体育会サッカー部キャプテン、伊藤佑太です。