こんにちは、永遠の張り番エース池田君から紹介された3年押田晃です。1年次の全公式戦を張り番で戦い抜いた僕からすると彼がもう張り番を卒業してしまうのは寂しい限りです。

今回のブログでは僕のこれまでのサッカー人生について話させていただこうと思います。突然ですが、僕は、サッカー選手としてかなり幸運な人生を送ってきたと思っています。なぜなら、大きな怪我や病気もなく、環境にも恵まれていたと思うからです。小中と強豪とは言えない地元のクラブでサッカーをしてきましたが、ある程度結果を残してそれなりに上のステージを経験する事が出来ました。高校進学の際も、自分の頭で無理せず行けるとこをなんとなく選びました(今となっては最高の選択をしたと自信を持って言えます)が、素晴らしい指導者と環境、チームメイトに恵まれ、3年間ひたすらサッカーを楽しむことが出来ました。試合をするたびTwitterでは自分たちのサッカーが賞賛され、負けた記憶よりも勝った記憶の方が遥かに多かったです。

  • そして、大学サッカー。監督もいない、芝のグラウンドも無い上智サッカー部は、明らかに今までの僕のサッカー人生で経験した事の無い環境です。昨季のリーグ戦も、苦しい戦いで初めて残留争いを経験しました。今期も変わらず、ここまで苦しい戦いが続いていますが、最近では3年生になりチームの運営に関わる場面も増え、上智サッカー部ならではの良さや楽しさも感じるようになってきました。今まで恵まれた環境でサッカーをしてきた自分にとって、マイナスの要素が多いように見える今の環境ですが、まだまだ自分の新しい可能性を発見できる場だと思っています。気付けばもう大学サッカーも折り返し地点を過ぎてしまいました。悔いの残らないように残りのサッカー人生を楽しみたいと思います。
    自分の事について書いただけのブログになってしまいましたが、ここまで読んで下さりありがとうございました。次は、部員ブログラストを飾ります、頼れる主将橋本泰志君です。