潤也君とてろりんのいちゃつきブログリレーからからバトンを受けました、新3年ポルトガル語学科の菊間慶一です。

てろりんは、僕のことを理解力が低いと分析してくれました。バレてないと思っていましたが、彼女はよく見抜いてきました。

理解力が低い、つまり頭がわるい・何も考えてないことは僕の課題でもあります。

私生活では、理解力が低いため、サッカー部のボケやツッコミが交わるアップテンポの会話についていくことが出きず、また、あまり自分から喋らないため、空気と化してしまいます。

 

サッカーのプレーでもそれが露呈します。僕のポジションであるSBは現代のサッカーでは頭を使うことが求められ、とても重要になってきているポジションです。

上智サッカー部のSBには梅木いひろ君がいます。普段の言動からは決して頭が良さそうには見えませんが、サッカーでは常に頭を使ってプレーしており、参考にしている選手です。優しくアドバイスをくれることもありますが、最近は「下手くそで俺が一番嫌いなプレーヤー」とまで言われています。もちろん彼なりの愛情表現だと思いますが、頭を使っていると認めてもらえるように頑張っていきます。

頭を使うことと同時に自分に一番足りないと思うものは悔しいと思う気持ちです。

僕は去年の冬にワンダーフォーゲル部をやめて、サッカー部に途中入部させていただきました。途中入部したいと思った理由は幾つかあるのですが、その一つに勝負事に対して悔しいと感じる事が出来る人間になりたいと思ったからです。

僕は小さい頃からサッカーをしていましたが、高校生ぐらいになってからいつしか試合に負けたり、勝負ごとに負けても悔しいという感情が欠如していきました。

そのため、体育会という本気でサッカーをやる環境の中で僕みたいな人がいては迷惑だと思い、大学に入学した時は体育会サッカー部の選択肢を消しました。

 

入部して1年たった今はどうでしょうか?

まだまだ理想の人間に近づけてはいませんが、練習試合で負けたら以前より勝ちたい・悔しいという感情が湧くようになってきたと感じます。

それはサッカー部やサッカーについて考える時間が増えたからだと思います。

きっかけは新人戦です。この期間は2年生が中心となって、運営をしていきます。

最上学年として運営やサッカーをするなかで、自分がいかに先輩や他人頼みで、組織にただ所属しているだけの人間であったかを痛感しました。プレーでは他人任せになり、自分で仕掛けない・味方が受けづらくてもパスを出す。練習では声を出さないなど。

そんな自分に危機感を抱き、試合前や練習前に「今日はどんなプレーをしよう」、「声を出そう」などと考える時間が増えたことで、意識していたことが出来なかったり、試合に負けることに対して悔しいという感情が芽生えてきた気がします。

しかし、主将や副将、四年生と比べてまだまだ同じ熱量を持って取り組めていないので、理想の人間に近づくために毎回やってやるぞという気持ちで練習や試合に臨んでいきたいです。

自分のことをつらつらと長く拙い文章で綴ってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました。

 

次回は、左足を正確に扱うそのプレースタイルはまさにディバラ!自分を慕ってくれる数少ない後輩のため大好きですが、最近の木本とのいちゃつきは目に余る、三谷宗君です!