今回のブログを担当させていただきます。理工学部機能創造理工学科4年の小原兼治です。 文章を書くことが苦手で今までの部員ブログよりも読みづらいとは思いますが、最後まで読んでいただけると幸いです。 

 

 私のこの4年間は下のチームでプレーしていることがとても多かったです。ですが昨年、Iリーグで調子が良かった自分をリーグ戦のベンチに入れてくださった当時の4年生には、感謝しています。 

 

今年は、昨年の川島君のような「学生コーチ」という、どのカテゴリーも平等に見て、評価してくれる存在がいませんでした。「経験」という面で、調子のいい後輩を評価はしてもベンチ入りできるような発言・行動をしませんでした。 後輩たちに同じような経験をさせてあげられなかったのは申し訳ないと思います。 

 

 自分自身の今シーズンは、一度もリーグ戦メンバーにも関われず、一年のほとんどをCチームで過ごしました。友人からも「4年生のこの時期に一番下のチームでやってて、何をモチベーションにしてるの?」と聞かれたとき、答えることができませんでした。 

 

今思えば、強がりでも「上のチームでサッカーするため」とでも言えば良かったのかもしれません。しかし、今年の上甲、加藤、隈元、羽藤の調子を見ていて、昨年のプレーでは越えられないと内心気づいている自分もいました。負けてたまるかと1年間、新トレーナーの加藤さんの接骨院にも通い、トレーニングしてきました。そのおかげで調子は1年を通して、良かったです。加藤さんには、お忙しい中ご指導いただき、とても感謝しています。 

 しかし、結果は伴いませんでした。 

これはあくまで自分の実力不足です。  

 

ですが!! 

  

こんな俺でも何かを変えようと、足りない頭で考え、行動したことで少しの変化が生まれたのは事実です。 

 

今の下のチームには、努力する人、サッカーが大好きな人などサッカーと向き合うことのできる人が多いと思います。 

でも、努力する方向が少し違ったり、何をすればいいかわからなかったりする人も多いです。 

そんなときこそ、周りの先輩、同期、トレーナーの加藤さんなどに相談して下さい! 

アドバイスも十人十色なので、鵜呑みにはせず、そこから自分自身の形にしていけば、少しは今と違うプレーになるのではないかと思います。 

 

 結局、長長と纏まりのない文章になってしまいました。 

 

 最後にサッカーがどれだけ上手でも下手でも、この部活は多くの人に支えられ、期待していただいてることを肝に命じ、日々感謝することを忘れないで欲しいです。 

 

Attention,Please! 

次回は、いつでもどこでも飛行機で、チームを4年間支えたマネージャー、横川紗恵子です。