こんにちは。経済学部経営学科4年の井澤敬基と申します。時が過ぎるのは早いもので、遂に4年間過ごした上智サッカー部での生活が終わってしまいました。あの1年の4月の「メーリス事件」に始まり、数々のご迷惑を先輩、同期、後輩には掛けてしまいました。もう一度やり直せると言われても、戻りたくない、、、それ程辛いことばかりの4年間でした。何が苦しかったかというと、1に怪我、2に怪我、34はなく5に長かったミーティングです。

1年の頃に入学式後のオリエンテーションでたまたま隣にいた海と典とワクワクしながら行った練習。想像以上にレベルが高く、今でもあの小雨が降っていた光景を鮮明に覚えています。このチームで早くサッカーをして上手くなって試合に出たい、そんな熱い気持ちを秘めていました。

しかし、2・3年時は、膝の怪我やその他諸々の小さな怪我によりほとんどサッカーをすることができない年であり、今までやってきたサッカーを止めるかどうか考える日々で、上手くいかないことばかりでした。同期や後輩が泣きそうになるくらい健太郎君から指導されているのさえ羨ましく眺めていました。サッカー面の成長は筋トレによるフィジカル面ぐらいしかないですが、一歩引いて全体を見ることができ色々な気づきと学びをすることができました。また多くの人達に支えられているんだなと感じ、実は何度もチームメートの何気ない一言に救われていました。DLの時間は決して無駄ではないし、もしDLの人がいたら寂しいので積極的に声をかけてあげてください。

それでも私は幸せ者で、最後の4年としての1年間はほとんど怪我することなく楽しんでサッカーをすることができました。チームとして1部5位という成績、個人としても目に見える結果はありませんが皆と日々成長でき、後輩たちにも次に繋がるものを残せ、同期の皆と笑って引退を迎えることは良かったです。時にはミーティングを朝から練習を挟んで夜までやったり、学校が閉まった後も校門の前で続けたり、色んな所で喧嘩もしたけど、全てやってきて良かったな、遠回りだったかもしれないけど何も間違っていなかったんだなと思います。

楽観的な考えにはなってしまいますが、最高な瞬間がたくさんあり、終わりが良ければ、全て良しとなります。様々な事がありましたが、この4年間は自分にとって掛替えのない財産であり、サッカー人生の幕、また新たなスタート地点になりました。この財産に比べればこれまでも、これからも悩みごとなど小さいもので、何事も突き進んで行ける気がします。上智サッカー部はそれらを皆と築くための最高の場所でした。これからは、それを応援していこうと思います。

最後になりますが、関わって下さった方々、4年間本当にありがとうございました。これからも上智大学サッカー部を宜しくお願い致します。

次回のブログは、FW CB SBを器用にこなす、持ち前の明るさで誰よりもチームを盛り上げてくれた奥冨啓人です。