こんにちは!
2019年一発目の部員ブログを担当いたします、新副将の五十嵐大智と申します。

 

今回のブログでは、今シーズンの抱負を五十嵐ファンの皆様にお届けしたいと思います。
お時間のある方はご一読いただけると嬉しいです。

 

まず、私の今シーズンの目標は、
「誰よりも楽しんで勝つ!」と「部員全員が誇れるチームに!」
です。

 

私は今シーズン、副将だけでなくGM課長も兼任しています。
GM課は戦術や練習メニューの作成、試合分析などサッカーに関わるすべてのことを担当し、「選手以上の存在」を目指して活動しています。

専任の指導者がいない上智サッカー部では不可欠の課(もちろん他の課も非常に重要)であり、同時に大きな責任も伴います。
都1部リーグを勝ち抜くために、GM課はチームに適した戦術を考え、それをチームに浸透させ、限られた時間で効率よく質の高い練習を追求し続けなければなりません。

 

そんなGM課で課長を務めるのはチームで最も実績と実力のある選手だ、というのが当たり前でした。
しかし私はどうでしょうか。
強豪校出身でもない、うまい選手でもない。しかも頭も大してよくない。
正直、知識量や経験、説得力に大きな不安を抱えています。
おそらく選手の一部(一部でとどまってほしい)からはただ声がでかいだけのやつだと思われています。

だから私は自分がチームで一番だと言えるものは何だろうと考えました。
それが、
「サッカーを楽しんでいること」
でした。

 

今、私はチームの誰よりもサッカーを楽しんでいる自信があります。
監督もコーチもいないし、学校には人工芝のグラウンドもない。
決して恵まれた環境とは言えないけれど、サッカーをしている時間が一番楽しい。
最上学年になって面倒な仕事や長いミーティングもあるけれど、みんなと一緒にいることが最高に楽しい。

 

上智サッカー部が、チームのみんなが、そして何よりサッカーが大好きです。

 

私も下級生のときは「やらされている感覚」から、部活に不満を持つこともありました。

それでも私がサッカーを心から楽しめるようになったのは、部員自身が主体的に考え行動し高みを目指すこの組織の良さに気づいたからです。

 

選手自身で練習試合を組んで、グラウンドの予約をして、お金の管理をして、
今まで監督やコーチがやってきてくれたことをすべて自分たちでやって、
初めて自分たちが毎日サッカーできることが当たり前ではなかったと気づきました。

「あー、今日も練習か。」
じゃなく、
「よし、今日もボール蹴れるぞ。」
「今日も練習楽しみだな。」
という前向きな考えに変わりました。

練習がそれまでの何倍も何十倍も楽しくなりました。

このことに気づかせてくれた上智サッカー部を勝たせたい。
楽しんで勝ちたい。

この環境で楽しめるかどうかは自分の考え方次第です。

楽しもうと思っている人にしか楽しむ権利はないと思います。
だから私は練習でも試合でも誰よりも楽しみます。
周りから「本当に声でかいな、うるさいな、ばかだな」と思われても、
これが自分なりの副将・GM課長のあり方だと信じ続けます。

 

そして部員のみんなには、自分だけの役割を見つけてほしいと思います。
役割や責任を担うことで、その組織への愛は大きくなるし、何よりもサッカーが楽しくなります。
どんなことでもいい。
誰よりも声を出すとか、同期の悩みを聞いてあげるとか、何でもいい。
自分が他人に誇れるものをこの組織で見つけてください。

そうすれば必ずこの組織を誇れるようになります。
私は上智サッカー部が誇りです。

学生主体の上智サッカー部にはその機会が腐るほどあります。
チャンスだらけです。

もちろん勝ちたいし、関東リーグに昇格したい。
でもたとえ試合に出られなくても、チームが負けても、
上智サッカー部と、サッカーを愛し続けてほしい。
みんなで楽しみながら上智サッカー部を一緒に成長させていきましょう。

 

最後になりましたが、昨シーズンもOBや学校関係者、保護者の方々をはじめ、多くの方々のサポートに支えられ都1部残留を果たすことができました。本当にありがとうございました。
今シーズンは昨年のチームを超えられるようさらなる努力をしてまいりますので、変わらぬご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。

 

長く拙い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

次回は、新人戦でその優ティリティを見せつけた新チームの起爆剤。
ゴールと女に目がない赤松優くんです。