こんにちは。今回部員ブログを務めさせて頂きます、理工学部機能創造理工学科の市川拓磨です。テーマがフリーだと何を書けばいいか迷いましたが自分のサッカー人生を振り返ってその思いについて書いていこうと思います。

非常に長く拙い文章ですが、最後まで読んでいただけると幸いです。

 

サッカーを始めたきっかけは2002年の日韓ワールドカップを見てからだったと思います。どの試合も白熱して盛り上がりました。

ワールドカップのプレーを見てサッカーに惹かれてしまい、翌年に小学校1年の時に地元のクラブチームに入り練習がない日は放課後、友達と夢中になってボールを蹴っていました。

 

 

小学校、中学校、高校とサッカーを続け、そして上智大学体育会サッカー部へ。

 

 

現在は東京都リーグ1部で戦っています。試合に出て活躍しているわけではありませんがこのチームの一員で目の前の一勝にみんなで喜びを感じられるのが本当に嬉しく、毎日サッカーができて楽しいです。

部活でサッカーができるのは残りわずかと考えると寂しさを感じます。

 

そんなサッカーの魅力に取り憑かれてしまい今日まで約16年間もサッカー続けてきました。

自分でもここまで続くとは思いませんでした。 

 

 

 

サッカーはどんなときも自分の生活の中心にありました。

自分でも予想できない、言葉では表すことができないくらい大きな気持ち。

サッカーを愛して止まない自分が確かにいることが分かりました。

 

 

 

もちろんいつも楽しいことだけだったわけではありません。

しかしすべてが自分にとって経験となり成長させてくれました。

 

 

 

 

サッカーは本当に多くのものを与えてくれました。

楽しいことも、きついことも、試練だって色々ありました。

 

 

これまで自分が持っていたサッカーへの誇りは、これからの人生の基盤になるだろうし、自信になると思います。

でもこれは、一人で得たのではなくみんながいたからこそ歩むことができました。

 

 

アドバイスをくれたり、得点を決めたあとに駆け寄って一緒に喜んでくれたり、悩んでいる時に相談に乗ってくれるなど様々な声がありました。

 

一人では乗り越えられなかった試練を同期やチームメイトがいたからこそ乗り越えられてきたと思います。

 

 

みんなの思いを胸に、サッカーへの誇りを忘れずにいたい。

そう思えれば、この先でどんな試練があろうと乗り越えていけると信じています。

 

 

 

 

 

関わってくれたすべての人々、チームメイト、スタッフ、そして誰一人かけることがなかった同期には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

「本当にありがとう」

 

 

 

自分が残り1ヶ月でできることはどの試合に出ても誰よりも走り、点を取ってチームを勝たせることです。それが自分の責任だと思っております。

 

 

チーム一丸となって残留したい。そして笑顔で引退できるよう最後まで歩んでいきたいと思います。

 

 

 

 長く拙い文章でしたが最後まで読んで頂きありがとうございました。次回はサッカーが大好きであだ名の数が多すぎてなんて呼ぶか迷っちゃうボランチの山内遥平です。