梶山くんから紹介にあずかりました。長谷川です。

僕は決してエリートではないことをはじめに言わせてください。

 

大学生活も2年が終わり、後輩の数が先輩の数を上回りました。そんななか、この1年間を通じて感じたことが2つあります。

 

1つ目は強い組織についてです。

僕がきてから2年間、どちらも素晴らしい結果を残せています。それはなぜか。明らかに学生主体だからです。最近、関東リーグに所属してる方々がツイッターで学生主体について語っています。しかし、上智大学体育会サッカー部のようにコーチ、経理、総務全てを学生がこなしその学生が実際にプレーもする。運営する人、プレーする人と分かれていない。そのうえにスポーツ推薦を取らない。また、主将、副主将にも負担をかけさせ過ぎない。それこそが真の学生主体であると思います。

 

そうすると何が起こるのか。上智大学サッカー部にいる限りサッカーをするだけでなく、運営面で関わらなければ、チームにとって自分が必要とされなくてはと考えます。そういった思考に自然とさせてくれるのが上智大学体育会サッカー部であり、強い組織の要因だと思います。

 

しかし、難しい時があります。それは1年生から2年生に上がった時です。試合にもそこまで出られない、運営もそこまで関われない。今まで荷物持って定刻に行き貢献できていたのに何もできない。僕はその感情に至りました。

 

その時、チームを俯瞰的にみて足りないところを見つけその足りないところに自分が何をできるのか考えました。僕にとってはそれが声を出すことでした。とにかくなんでもいいから練習とアップで声を出しました。当時最下位にいたので静かな練習はよりフラストレーションが溜まり悪い空気が流れると思いました。今まで大将だけが声を出していたのでGM副課長様という役割を全うしてもらい、少しでも負担を減らせればと思いました。

 

どんな形でもいいと思います。十人十色です。

チームを俯瞰的にみて何が自分に出来るか考える。

そうすると自分のプレーの幅も変わってくると思います。 

選手に自主性と協調性を持たせる組織が真に強いのではと思いました。

 

2つ目は怒られない怖さについてです。

僕は性格上怒られます。よく藤井龍くんに怒られました。秦野で怒られた時は一瞬イラっとしました。すみません。

しかし、龍くんが怪我をしてチームを離脱し、そのあとすぐ引退してしまった時に感じたことがあります。怒られないと自分のプレーが正しかったのかわからないし、サボることも増えたということです。もちろん自分の弱さです。しかし、怒ってくれる人がいるありがたさ、大切さを感じました。

上級生にならないとわかりません。同期は怒ってくれる人は少ないですし、後輩は怒りにくいです。今怒ってもらえてる後輩はありがたく怒られた方がいいと思います。羨ましい限りです。

しかし、いなくなることも頭に入れなければなりません。もう先輩になってしまった僕は自分で直して、解決するほかありません。大変ですが自分に厳しく、これからの課題です。

 

長く、ダラダラと書いた文をここまで読んでいただいた方ありがとうございます。

 

次は服に数十万をかけるお坊ちゃんにも関わらず、熱いハートをもつ松本くんです。