部員の中で多かった6つの受験形態ごと7人に自身の体験を語ってもらうこの企画。
上智大学サッカー部の部員は高校時代どのようにしてサッカーと勉強を両立して受験を突破したのか、、
文武両道を志す高校生は必読です!

こんにちは。
理工学部 物質生命理工学科1年、土井 源也です。

今回は受験体験記として、指定校推薦について私の経験をふまえてお話しさせていただこうと思います。最後まで読んでいただけたら幸いです。

 

指定校推薦を取るためには勉強と部活の両立は欠かせませんでした。なので、まずはこれらの両立についてから話していきたいと思います。

私は、國學院大學久我山高校という学校に通っていました。そこは、高いレベルでの「文武両道」を掲げており、サッカーで選手権優勝を目指す傍ら、勉強もして当たり前だという環境にいました。そのため、大変ではあったものの、部活と勉強のどちらもすることにさほど抵抗はありませんでした。周りの環境というのは非常に大切だと思います。

 

1日のスケジュールとしてはこんな感じでしょうか。

07:20 起床
08:15 登校
15:45 練習開始
18:00 練習終了
18:30 筋トレ終了
19:30 塾にて勉強開始
22:00 塾閉館とともに帰宅
22:30 食事、入浴
01:00 就寝

 

 

このスケジュールは高校3年生の時のものですが、自分は勉強習慣を身につけるために、毎日部活が終わり次第、同じ塾に通う先輩の後ろをついていくように塾に行き、先輩の姿を真似しながら勉強するという工夫は高校2年生になってから始めていました。上の学年から吸収できたことは自分にとって大きなことだと思います。

指定校推薦で入学を考えている方にとって、メンタルコントロールは非常に気になる話題だと思います。そこについて話そうと思うのですが、私が通っていた高校の指定校推薦のシステムが少し特殊でした。そこもふまえて話していこうと思います。

私が通っていた高校は、他の高校とは違い、どこの大学から指定校推薦が来ているかを予め知ることができませんでした。その状態で第1志望校の大学を書類で提出し、その後募集している大学の学部学科が開示されて、一致した場合のみ指定校推薦としての資格を得ることが出来ます。言ってしまえば半分抽選のような感じです。
このようなシステムだったため、万が一その大学から来なかった場合、指定校推薦を使ってその大学を受験することが出来ません。そのため、一般受験をするつもりで勉強をしながら定期試験の勉強もしていました。
平日は環境ができていたため、ちゃんと勉強できたのですが、周りの友達がいない休日は、「もしかしたら指定校でいけるかもしれない」という邪念によって、勉強のモチベーションを維持するのがキツかった記憶があります。

 

次に、私がこのサッカー部に入部することを決めた理由について話していきます。もう少しですので最後までお付き合いください…

結論として、日常にサッカーが無い生活が考えられなかったということ、これがサッカーできるラストチャンスだということなど、様々な要素が入部へと導いたと考えています。しかし、受験生の方々に一番考えてもらいたいのは、このサッカー部が「学生主体」で活動しているということです。高校の部活で指導者の顔色を伺いながらプレーしていた選手もいるのではないでしょうか。上智大学体育会サッカー部は自分たちで主体となってやるため、自分の色を出すことが出来ると思います。

 

最後に、指定校推薦を利用するかどうか迷っている高校生に伝えたいことがあります。
迷ったら、絶対に使うべきです。目の前に行きたい大学に行けるチャンスがあって、諦めるなどという勿体ないことはしないで欲しいです。
今年から入試過程も変わって、傾向が読めないなら尚更だと思います。どんな方法を使ってでも入るという強い意志を持って受験を乗り越えてください。

そして部員一同、上智大学体育会サッカー部で一緒にプレーできる日を心待ちにしております。

長い文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。頑張れ!受験生!