部員の中で多かった6つの受験形態ごと7人に自身の体験を語ってもらうこの企画。
上智大学サッカー部の部員は高校時代どのようにしてサッカーと勉強を両立して受験を突破したのか、、
文武両道を志す高校生は必読です!

こんにちは。
総合人間科学部教育学科の2年水原理玖です。
私は指定校推薦で上智大学に合格しました。上智大学は推薦合格者が多く、この指定校推薦もその一つです。しかし、高校ごとにシステムが違うということもあり、なかなか情報が複雑化しているのが現実です。そこで、受験体験記と題して私の経験を踏まえて話していく上で、皆さんのお力になれたらと思います。

私の出身校は専修大学松戸高校です。ここでは周囲の生徒が勉強に対して高い意欲と意識があり、学業に励むことは当たり前でした。そのような環境の中でサッカー部に入部し、3年間本気サッカーに取り組むことができました。私の文武両道を実現するために行動したことをまとめたいとおもいます。
1日のスケジュールはこんな感じでした。

5:00 起床
6:40 部室に到着し、着替えてそのまま自主練
7:30 教室で定期考査の勉強
16:30 練習開始
19:00 練習終了、自主練
20:00 帰宅
22:00 就寝

これは2年生からの大まかな1日の流れです。1年生の時は同学年と朝ミニゲームなどをしてからギリギリまでグランドにいて勉強よりもサッカーを楽しんで、それほど勉学に力を入れていませんでしたが、2年生になると受験に対する意識が芽生えこの頃指定校で上智に行きたいと思い、意識改革して行動に移すようになりました。早寝早起きでリズムをつくりながらサッカーの時間も確保でき非常に充実していました。

このスケジュールは自分で決めたことですが意外ときついのです。それなのに継続できたのは、何事も「一人で」を無くしたからだと思います。朝早くからサッカーをするなら一人でも誘ってボールを蹴ったり、問題の出し合いなどで相互的に高め合うことで心が折れずに楽しく過ごせました。一人で黙々とやるのは家でもできるので、周りをうまく使って切磋琢磨することを意識していました。

先程2年生の頃に上智大学への進学を志したと書きました。そこについて、なぜ上智を選んだのかをお話したいとおもいます。正直言ってそれほど深い理由はありません。まず、専大松戸の指定校推薦枠は多くの大学からありましたが、どれもサッカーを本気でやることが難しいと感じたということです。体同練でも十分本気で取り組めると思いますが部活でサッカーがしたいというシンプルな理由で選びました。
もう一つは、高校時代に憧憬の念を抱いた先輩が上智に進学したことです。また一緒にサッカーがしたい!それだけのことで?と思われるかもしれませんがサッカーはそれほど人を突き動かすものだと感じています。
また、人間的に未熟な自分を文武両道を継続する事で自律と自立を実現していこうと考えたため、学生主体の上智大サッカー部に入部を決めました。

最後に皆さん、受験は辛く厳しい道のりですが、共に頑張れる仲間を見つけ全力で頑張ってください。
上智大学サッカー部で待ってます!