今回は、今年から新しくこの上智大学サッカー部監督を務めていただく 藤田 勝利さん(1996年/経済学部卒業)にいろいろと話を伺いました。

 

現役時代では副キャプテンを務めていた藤田さんは卒業後、住友商事に就職し、その後ベンチャー企業勤務などをを経て独立。現在はProject Iniitiative株式会社代表取締役を務め、その他にも桃山学院大学特任教授、一般社団法人Venture Cafe Tokyo戦略ディレクターを兼務するなど、様々な方面で活躍なされている方です。

 

社会人としての生活に大学4年間の経験はどのように生かされているのかなど、貴重なお話をいただけたので、是非最後までご覧になってください。インタビューにお答えくださった藤田さん、ありがとうございます!

以下:太字 藤田さん

 

Q 大学には様々な選択肢があった中でサッカー部を選ばれたのはなぜでしょうか?

大学でもサッカーの真剣勝負をしたい、もっとサッカーで成長したいと思ったからですね。
大学では自分自身で考えて活動する時間が増えるので、サッカーの技術に限らず筋力トレーニングやチームマネジメントの事などいろいろ勉強していく必要があります。
体育会でないとそれらを真剣にすることはできないと思ったので迷わずサッカー部に入りました。

 

Q 上智大学サッカー部での成長は社会で活かされるものでしょうか?

これは間違いなく、活かされます。そもそも体育会の学生というのは目標に向かって努力できる、リーダーシップがある、コミュニケーション能力がある、という理由で社会で活躍する人が多いです。中でも上智の体育会は自治自律(自分たちで考えて自分たちで運営する)が伝統なので体育会的な要素+思考力の高さも評価されることが多いです。
上智サッカー部のOBが若い世代でも活躍している人が多いのはそういう側面があると思います。

 

Q上智大学サッカー部のいい所を一言でお願いします。

上のことと少し重なりますが「自治自律」によりサッカー面と体力面だけでなくマネジメント力やリーダーシップ面でも成長できることだと思います。また、スポーツ推薦がなく、皆んな学力面で努力して入ってきた選手ばかりなので「文武両道」を大学卒業後も追求する学生も多く刺激を受けられると思います。

 

Q監督という立場から新入生に向けて一言お願いいたします。

予想もしなかったコロナウイルスの影響で今年はどの大学も活動が遅れてしまっています。新入生のみなさん、是非できる範囲でコンディションを整えて、チームに合流できるタイミングで良い状態でプレーできるように準備してください。皆さんと会えるのを楽しみにしてます!

 

改めまして藤田さん、貴重なお話ありがとうございました!

少しでも上智サッカー部に興味を持っていただけた方は、以下の私たちの各SNSの公式アカウントをフォローしていただけると幸いです。

インスタグラム → https://www.instagram.com/sophia_soccer_club
ツイッター   → https://mobile.twitter.com/sophia_soccer
Facebook   → https://m.facebook.com/pages/category/Amateur-Sports-Team/上智大学体育会サッカー部-1810432022614118/?locale2=ja_JP

上智大学サッカー部はいつでも入部を希望する選手やマネージャ―を募集しています。そういった方々はSNS公式アカウントなどに是非気軽にご連絡ください。