9月9日(土)にインディペンデンスリーグ第10節が行われました。
相手は拓殖大学。前期ではなんとか引き分けに持ち込んだ相手ですが、チームが成長した姿を見せるためにも、勝利に向かいます。

【Iリーグ 第10節】
vs拓殖大学U-22C @上智大学秦野キャンパスグラウンド 12:00kickoff
前半:0-1
後半:1-2(高田)
結果:1-3
交代:岩堀→市川、清水謙→高田、梅木→岩出、有坂→島岡

序盤はお互いにロングボール主体で様子を見ます。両チームともシュートまでいけず、なかなか試合は動きません。
中盤、ポゼッションは拓殖。攻撃にリズムが出てきた上智も何度かチャンスを作るも、ゴールには結びつかず。

試合が動いたのは前半終盤でした。拓殖は自陣深い位置でボールを奪うと、パスをつないだ後FWへロングボール。抜け出したFWは上智DFを置き去りにし、やや角度の無いところから放たれたシュートは綺麗な弧を描きゴールへ。カウンターから失点を許しました。前半は0-1で折り返します。

後半に入り、ペースは依然として拓殖。
最終ラインからテンポの良いビルドアップで左サイドから攻撃を仕掛ける拓殖。オーバーラップした左SBが上げたクロスにFWが合わせ追加点。0-2とされます。
攻めに転じたい上智は、交代カードを切ります。ペースをつかみ始めた上智ですが、なかなか得点できません。

そんな中、一矢報いたのは交代で入ったFW高田でした。MF中田拓からのクロスはクリアされますが、これをMF近藤がダイレクトで高田へ。体を入れたトラップで相手をかわし、右足のボレーがゴール右隅に突き刺さりました。一点を返し1-2とします。

勢いに乗る上智は追加点を目指します。バイタルでのパス回しから良い形で敵守備陣を崩しますが、ゴールには繋がらず。
一方の拓殖も点差を広げるために果敢に攻めます。サイドの裏をとられた上智。なんとかクロスを跳ね返しますが、このこぼれ球を相手がシュート。これがゴール左上に吸い込まれ、3失点目。
逆転はならず、結果は1-3で敗戦。

この試合を糧に、さらにレベルアップして参ります。

応援ありがとうございました!

次回のIリーグは9月14日(木)
vs東京農業大学U-22@東京農業大学世田谷キャンパスグランド
13:30kickoffです。